火災保険に入っているなら
保険金を使わないと損!

更新日:2022.10.04

この記事は1分で読めます。

家を長持ちさせるために、10年に一度はやっておくべき屋根修理。

しかし、屋根の修理費用が思ったよりかかるため、決断できずにいたんです。

そこで、貯蓄や保険のことでお世話になっているライフアドバイザーに相談してみると、火災保険を使って屋根の修理ができることを教えてくれました。

実は火災保険で補償されるのは、火災だけではなかったんです。

大雨や強風などの自然災害で被害にあったときも、保険が適用されるとのこと。

どうやら築5年以上の場合、平均120万円の保険金がおりているらしく、火災保険に入っているなら使わないと損だとわかりました。

ただ火災保険会社に「被害があるかわからないが見てほしい」と依頼しても、被害が立証できなければ見に来てはくれません。

「素人じゃ被害の立証は難しそう」と思っていると、ライフアドバイザーがリフォーム業者のMonta(モンタ)を紹介してくれました。

>火災保険が適用されるか無料で調べる
入力30秒で簡単相談!

Montaは保険申請を
サポートしてくれるリフォーム業者

Montaは火災保険申請のサポートをしてくれるリフォーム業者。

なんと火災保険が使えるか無料で調査してくれるんです。

申込方法は簡単で、必要な情報を入力し、Montaの専任アドバイザーから連絡を待つだけ。

保険適用外だった場合リフォームしなくて大丈夫!

調査費用は完全無料なの安心してください。

>火災保険が適用されるか無料で調べる
入力30秒で簡単相談!

本当に自己負担0円で
屋根を修理できました!

私もさっそく公式サイトから問い合わせをしてみることに。

被害を立証するための資料は、すべてMontaに用意してもらいました。

申請書類の書き方も電話で丁寧に教えてくれたので、難しくなかったです。

そのおかげで120万円の火災保険がおり、100万円の屋根の修理が自己負担0円になりました

しかも保険金は「お見舞金」になるので、余った場合は貯蓄や買い物に使ってOK!

火災保険は保険金がおりても保険料が上がらないので、このタイミングで使っておいてよかったです。

無料で調査してもらえるので、まずは火災保険が使えるかだけでも調べてみてください。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました!

>火災保険が適用されるか無料で調べる
入力30秒で簡単相談!

※追記([追記用の日付])
火災保険の請求権は被害から3年間です。
3年以内であっても、被害から時間が経つほど認められにくいので、調査依頼はお早めに!

>火災保険が使えるか無料で調べる
入力30秒で簡単相談!