外壁塗装は助成金で安くなる!
70万円損しない方法

更新日:2022.10.04

この記事は1分で読めます。

メーカーの見積もりが思ったより高額で、決断できずにいた外壁塗装。

そこでお世話になっているライフアドバイザーに相談すると、外壁・屋根の塗装は早めにやっておかないと数百万円以上も損すると教えてくれました。

しかも外壁塗装をすると、自治体から助成金がもらえることケースもあるというのです。

外壁塗装は早めにやらないと損?
助成金がもらえるって本当!?

見た目ではわからなくても、外壁や屋根の耐久性は必ず劣化しています。

そのため10年に1度は外壁塗装をやっておかないと、大損する可能性が高いのです。

助成金を使えば塗装費用を安くできる

以下の条件を満たしていれば、平均20万円~30万円の助成金・補助金をもらえる可能性があります。

助成金は年度ごとに予算が限らているため、締め切られる前に申請しなければなりません。

ただし、細かい条件などは自治体によって違いがあるようで・・・。

住んでいる地域の使える助成金を
無料で今すぐ確認する方法

教えてもらったのは、簡単な質問に答えるだけで、専門のアドバイザーが使える助成金・補助金の申請をサポートしてくれるヌリカエ。

使える助成金がわかるだけでなく、

  • 住んでいる地域の相場価格の調査
  • 工事内容や業者選びのアドバイス
  • 助成金申請が得意な業者の紹介
  • 優良業者の相見積もりを代行

などのサービスがすべて無料で利用できます。

ヌリカエの使い方

まずは自宅に関する簡単な質問に答えていきます(所要時間60秒)。

最後の質問で助成金について聞かれるので、住んでいる地域(市区町村)を伝えてください。

自宅の詳細な住所や名前は伝えなくていいので、安心して申し込めますよ。

質問に答え終わると、専門アドバイザーから連絡があります。

使える助成金や地域の優良業者の情報など、何でも気軽に相談してみましょう。

※この時点では名前も住所も伝えてないので、塗装業者から営業されたりする心配はありません。ヌリカエは中立な第三者機関です。

私の場合、助成金申請のサポートと優良業者の相見積もりを利用して、費用が70万円安くすみました

ヌリカエを利用したからといって、すぐに外壁塗装を行う必要はありません

とはいえ、ヌリカエは4秒に1人が利用している大人気のサービスなので、早めに相談しないと使える助成金がなくなってしまう場合が・・・。

チャット診断は60秒で終わる
ので、まずは使える助成金だけでも確認してみてください。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました!

※追記([追記用の日付])
大好評につき助成金の募集を締め切る自治体が増えてきました
年明けは申込が殺到するため、12月中の確認がおすすめです。

>使える助成金を無料で調べる

[絞込検索 title=”業者を絞り込む”]